髪は頭皮環境が第一!頭皮環境と髪の関係

最近では、頭皮や髪の悩みを抱える人が多くなっていますが、その中で何より大切な事は頭皮の環境をきちんと整えることが第一条件となってきます。髪の毛だけをケアするのではなく、頭皮を清潔に保つことも大切になってきます。

頭皮のケアの基本は、血行をよくして清潔な状態を保つことですが、土台をしっかり機能させることにより、育毛、発毛に効果を期待する事が出来ます。

髪には寿命があり髪の毛が抜けることは当たり前のことです。なので、抜け毛にストレスを感じる必要はなく、日頃のストレスや不規則な生活習慣による偏食や睡眠不足、喫煙などは頭皮の環境にとってマイナスとなってしまうのです。

偏食をすることにより、血液濃度が高くなってしまい運動不足で筋肉量が減ってしまうと血行不良になってしまいます。また、質の良い睡眠がとれない場合には、身体はいつも疲れている状態になるので、睡眠不足はホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまう原因ともなります。

健やかな頭皮環境を保つ為には、何より睡眠を欠かすことが出来ません。夜更かしが多いという人は、頭皮の環境を整えるために、睡眠の改善から行ってみるようにしましょう。

毎日決まった時間に寝るようにして、最低でも5時間以上の十分な睡眠時間を確保する事が大切で慢性的な睡眠不足にならないように日常で意識する必要があります。

日常で髪の毛が多く抜けるのは、シャンプーの時や髪のブラッシングを行った時、睡眠中などです。実際にシャンプーをする際には、抜け毛が目立ってしまいますが、正常なヘアサイクルの場合には、抜け落ちた後に、同じ毛穴から発毛するヘアサイクルをたどるので、薄毛になる事はありませんが、ヘアサイクルが乱れることにより、抜け落ちた発毛しない場合もあり、薄毛や抜け毛の原因となある場合もあります・

髪の毛を守るためには、頭皮の環境を整える必要がありますが、頭皮の健康状態については、硬さや色により知ることが出来ます。健康的な頭皮は柔らかく、青白い色をしています。これは血行が良い証拠なのです。

逆に、頭皮が硬かったり、赤色の場合には、健康状態は良くないといえます。頭皮が赤い人は、頭皮の血行不良だけでなく、炎症を起こし始めている可能性があり、きちんと頭皮の環境を見直して改善していく必要があります。

頭皮の環境を整えるためには、必要な皮脂や潤いを残して余分なものを取り除く必要があります。皮脂が増えることにより男性ホルモンの影響が関係しています。男性ホルモンが活発になると頭皮の皮脂分泌量が増加して、皮脂が酸化してしまう事により、頭皮と毛根を刺激して炎症を引き起こしてしまう事もあります。

日常の頭皮ケア方法としては、シャンプーケアは毎日行うのも大切になってきますが、何よりも自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが大切になってきます。また、逆に頭皮を清潔に保つ為に、何度もシャンプーをする人がいますが、それは逆に頭皮の環境が悪くなってしまいますので避けるようにしましょう。

頭皮の環境を整えるためには、仕事から帰宅してお風呂に入る際にシャンプーをするようにしましょう。夜もシャンプーして朝シャンをするという人もいますが、頭皮にはよくありませんので、夜の1回で済ませるようにしましょう。

マイナチュレとベルタ育毛剤の比較